ラブレ菌~乱れた腸の救世主!5種の乳酸菌

過酷な環境にも負けない、強い乳酸菌

1993年にルイ・パストゥール医学研究センターの設立者である岸田綱太郎博士が、京漬物の「すぐき漬」から発見した植物性乳酸菌です。発見のきっかけは、博士が「京都の男性は全国2位の長寿」という新聞を見て「京都人が好む漬物の中に健康維持に関わるものがあるのでは?」と考えたことにあります。京都の漬物をひとつひとつ調べていくことで、すぐき漬からラブレ菌を発見したのです。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも腸で生き抜く力が強いのですが、ラブレ菌はその中でもトップクラス。すぐき漬は塩分や酸度が高く、乳酸菌が育つには過酷な環境ですが、そんな中でもたくましく育ち、生き抜いたラブレ菌には、それだけ強いパワーが秘めらているのです。その証拠にラブレ菌は、生きたまま腸まで届くだけではなく、腸内での増殖力にも優れていることが確認されています。

ラブレ菌の効果とは?

ラブレ菌は腸内でリンパ球を刺激し、「インターフェロンa」という成分をつくらせます。このインターフェロンaは、ウイルスやがん細胞を攻撃するNK細胞の働きを高める大切な成分。インターフェロンa自体にも抗ウイルス作用、抗がん作用があるといわれ、ラブレ菌を摂ることで免疫力が高められると考えられています。

実験では、7日間ラブレ菌を投与したマウス、プラセボ(偽薬)を与えたマウスをそれぞれインフルエンザに感染させ3日間経過を見たところ、プラセボを投与したマウスに比べラブレ菌を投与したマウスの方が、気道に残るウイルス量が約半分だったことが認められました。免疫力を高めることは、インフルエンザ以外にも、花粉症といったアレルギーやガンを防ぐことにつながります。毎日の健康のためにも、ぜひ積極的に補いたい乳酸菌です。

インフルエンザに感染したマウスのウイルス量
プラセボを投与
ウイルスが減らない
ラブレ菌を投与
ウイルスが約半分に!

7.5種の乳酸菌を効率よく摂るには