乳酸菌抽出物LFK~乱れた腸の救世主!5種の乳酸菌

乳酸菌抽出物LFKとは?

健康な人の体内に数多く存在するといわれる乳酸菌「フェカリス菌」。その仲間の一種「フェカリス菌FK-23」が今、注目を集めています。

FK-23は約1ミクロンの丸い形をした乳酸菌。独自の加熱処理を行うことで、人の免疫力を高める力は生菌の約3倍に。腸内環境を整えるのはもちろん、白血球の機能を促進させる、肝機能を改善させるなどの効果も認められています。また最近では世界で初めて肺炎への効果が認められ、数々の特許を取得しています。このFK-23を酵素溶解したものが、乳酸菌抽出物LFKです。

FK-23は通常、細胞壁と呼ばれる堅い殻に覆われています。LFKはこの細胞壁を粉砕し、中からビタミン、ミネラル、核酸などの菌体成分を抽出した乳酸菌素材なのです。効率よく菌体成分を補えるため、通常のフェカリス菌を摂取するよりも体質改善にも高い効果を示すことが確認されています。また粉砕された細胞壁は、オリゴ糖や食物繊維と同じく善玉菌の餌となるため、腸内環境を整えるのにもぴったりなのです。

乳酸菌抽出物LFKの生成方法
FK23を酵素分解

LFKの効果とは?

FK-23とLFKは、合わせて11個もの特許取得をしています。取得内容、LFKの健康・美容効果については下記の通りです。

FK-23およびLFKの特許一覧
特許第2969017号 感染防御剤
特許第3040699号 毒性軽減剤
特許第2712000号 C型肝炎治療剤
特許第3272023号 白血球減少治療剤
特許第2040711号 抗腫瘍剤及びその製造法
特許第4326905号 色素沈着抑制剤
特許第3040744号 抗アレルギー剤及びその製造法
特許第2944662号 酒さ治療剤
特許第2889481号 血圧降下剤
特許第2889491号 血圧降下剤
特許第5451703号 Ⅱ型肺胞上皮細胞活性剤

酒さに対する効果(特許第2944662号 酒さ治療剤)

酒さとは鼻を中心とした頬や額の血管が拡張して赤くなる症状のことで、肌の白い方、皮膚の薄い方、更年期にさしかかった女性に多くみられます。

研究では、酒さ患者15名に、LFKを4週間投与。投与前、投与後のスコアでは、「紅斑」が2.60から1.73に、「毛細血管拡張が」2.00から1.40に、「顔面潮紅」が2.07が1.53にと、各症状においてLFKの投与により改善効果が認められました。またLFKを投与したことで、症状が悪化するなどの副作用の報告もなく、酒さの新たな治療法として期待が高まっています。

4週間のLFK投与による酒さ症状の改善効果

色素沈着(シミ、そばかす)に対する効果(特許第4326905号 色素沈着抑制剤)

色素沈着とは、シミ、そばかす、老人性色素斑などのこと。主な原因としては、紫外線による日焼けが挙げられます。研究では、10匹のモルモットを2つのグループに分け、紫外線を当てて皮膚の色素変化を調査。あらかじめLFKを摂取していたモルモットは、紫外線による皮膚の日焼け、色素沈着が最大35%抑えられたというデータが出ました。また色素沈着に対して有用とされる成分、アスコルビン酸とL-システインとの比較テストにおいても、LFKの方が紫外線による色素沈着の抑制効果を示しています。

LFK摂取者(女性/43歳)で老人性色素斑の症状が改善した一例
摂取前、摂取6ヶ月目、摂取12ヶ月目の変化

ニキビに対する効果

思春期の頃に見られるニキビは、皮脂の過剰分泌などが原因。また大人のニキビの原因は、肌の乾燥や古い角質の蓄積などが原因として挙げられます。研究では、ニキビと診断された20名(平均年齢23.7歳)に1日2包LFKを飲んでいただいたところ、面皰(めんぽう、白ニキビ及び黒ニキビ)、丘疹(きゅうしん、赤ニキビ)、膿疱(のうほう、黄色ニキビ)、結節(けっせつ、紫ニキビ)、すべてに改善が認められました。またLFKを摂取することで、症状が悪化するなど副作用の報告もなく、繰り返すニキビの根本ケアができると注目を集めています。

4週間のLFK投与による尋常性挫創(ニキビ)の改善効果

腸内環境を整える

LFKは腸内の善玉菌を増やすサポート。生きたフェカリス菌を摂取するよりも、素早く確実に腸内環境を整えられるといわれています。また、LFKのもととなるFK-23に関しても腸内改善効果があります。FK-23を食べて育った和牛の腸管は他のものと比べ、キレイな状態を保つことが認められています。(FK-23を食べた和牛の腸管【画像あり、グロテスクなものが苦手な方はご遠慮ください】)

肺炎・インフルエンザに対する効果(特許第5451703号 Ⅱ型肺胞上皮細胞活性剤)

インフルエンザを防ぐ

通常インフルエンザの治療には、抗ウイルス剤が使用されます。しかし近年、これまでの薬が効かない耐性を持ったウイルスの出現が問題に。つまりインフルエンザに関しては、予防が最も重要であるといえるのです。そんな中、「免疫力が向上する」と注目を集めているのが乳酸菌。LFKもそのうちのひとつです。とある実験で、7日間毎日LFKを飲ませたマウスをA型インフルエンザに感染させ、感染後の生存率を調べたところ、LFKを投与していないマウスは生存率10%だったのに対し、LFKを投与したマウスは生存率70%を保っていたのです。

LFKをはじめ乳酸菌による予防は、体内の免疫機能自体を高めることによるものなので、鳥インフルエンザや他のインフルエンザウイルスに対しても効果があるのではないかと期待をされています。

インフルエンザに感染したマウスの生存率
何も投与していない生存率10%
LFKを投与生存率70%

※Viral Immunology誌「A型インフルエンザウイルス感染マウスの生存率に対するEnterococcus faecalis FK-23の効果」より

肺炎を防ぐ

インフルエンザに対する免疫力をあげる乳酸菌は、他にも多数報告されていますが、インフルエンザが怖いのは二次感染による肺炎なのです。インフルエンザに感染すると、肺の細胞が炎症を起こしたり、呼吸器機能が低下。悪化すると、生死に関わる肺炎につながる恐れがあります。

インフルエンザに感染したマウスを使った研究では、LFKを与えることで「肺の過剰な炎症の抑制」「肺機能障害の緩和」が見られました。つまり、LFKはインフルエンザにも肺炎にも有用であることが認められたのです。

血圧に対する効果(特許第2889481号、2889491号 血圧降下剤)

現在、治療に使われている降圧剤にはさまざまな副作用が。そんな中、LFKが副作用のない血圧降下剤として特許を取得しました。ある実験では、マウス16匹を、LFKを溶かした生理食塩水を投与するグループ、生理食塩水のみを投与するグループに分けて経過を見たところ、LFKを投与していたグループは、4時間後、9時間後の血圧値が約10%下がったことが証明されています。

LFK投与によるマウスの血圧の改善

花粉症に対する効果(特許第3040744号 抗アレルギー剤及びその製造法)

アレルギー治療に際して、主に処方されるのは抗ヒスタミン剤。「服用すると眠くなる…」といった印象を持つ方が多いのでは?抗ヒスタミン剤は、アレルギー反応を抑制するのはもちろんですが、他にも中枢神経系にも作用するため、眠気や倦怠感などの副作用が生じるのです。

LFKは、アレルギーの予防ができ、かつアレルギー反応も抑制。さらに眠気なのどの副作用がみられない成分として特許を取得しました。実際に行われた実験では、スギ花粉症と診断された20~60代の男女にLFKを28日間摂取してもらうと、くしゃみ、鼻づまりなど、花粉症の辛い症状が抑えられました。

4週間のLFK投与によるくしゃみ発作の改善効果
4週間のLFK投与による鼻閉(鼻づまり)の改善効果

7.5種の乳酸菌を効率よく摂るには