現在一般的に”アレルギー”と呼ばれているのは「即時型アレルギー」の事です。花粉やハウスダスト、食物などのアレルギーが代表的で、アレルギー物質が体内に入ってから2時間以内にアレルギー反応が起こるものです。

 

これらは病院などで受けられる「IgE抗体検査」で調べることができますが、即時型アレルギーの検査では見つからない「隠れアレルギー」が存在するのです!

 

それは「遅延型アレルギー」と呼ばれ、アレルギーだと気付かれず原因不明の不調として診断されることも。今回はそんな遅発型アレルギーについてまとめました。

 

遅延型アレルギーとは

「遅延型アレルギー」は「食物過敏」「非即時型アレルギー」とも言われるアレルギーです。原因となる物質を摂取してもすぐに著しいアレルギー反応が起こらず、24~48時間後から慢性的な不調となって毎日の生活の質に影響を与えます。

 

代表的な症状は、過敏性腸症候群や消化不良、肌荒れ、喘息、鼻炎、吐き気、頭痛、うつ症状、関節痛など。他にも睡眠の質が悪い、食後に強い眠気がある、疲労感、集中力の低下、むくみや痩せにくい、といった”症状”とまでは呼べない程度の不調など多岐に渡ります。

 

免疫細胞にはいくつか種類があり、即時型アレルギーはIgEと呼ばれる抗体の過剰反応によって起きるのですが、遅延型アレルギーは炎症のプロセスが緩やかなIgG抗体、またはIgA抗体が反応して起きます。

 

発生のメカニズムはまだ詳しく分かっていませんが、どちらも通常は細菌やウイルスの感染を防ぐ重要な免疫物質です。症状が慢性的でわかりにくくても、抗体の反応が原因である事から「アレルギー症状の一種である」と分類されています。

「腸もれ」はアレルギー悪化の原因!

腸のバリア機能が低下すると遅延型アレルギーが強く発露しやすいと言われています。
「リーキーガット症候群」や「腸もれ」と呼ばれており、弱った腸にできた細胞同士の隙間から未消化の食品が毛細血管へ漏れてしまうことを言います。

 

本来は吸収されるべきではない大きい分子の状態で食品が継続的に血管へ吸収されることで、抗体がそれを異物と判断して攻撃したり抵抗力をつけようとするため、身体に様々な不調の症状が表れるのです。

 

※腸もれについてのコラムはこちら
血液が毒素で汚染される…万病を引き起こす”腸もれ”とは

どうすれば症状が改善される?

アレルギー症状に気付きにくいため、好物などで普段からよく食べている食品が繰り返し摂取するうちに、いつの間にか抗体に異物と認識され、アレルギーになっていたというケースが多くあります。

 

卵、乳製品、米、小麦、酵母(イースト、パンなど)などが主な原因物質とされており、朝食や昼食にいつも同じものを食べるという人は要注意。もし思い当たるものがあれば2~3週間その食品をやめてみることで、症状の改善と原因の特定ができます。

 

通常のアレルギーと同様に摂取を控え、アレルギーの反応値が下がればまた食べられるようになる可能性があります。摂取を控えている間に乳酸菌・ビフィズス菌など、プロバイオティクスの摂取で腸内環境を整えることも、早く反応値を下げる手助けになります。

まとめ

遅延型アレルギーは、毎日続けて食べているものが原因物質になりやすいと言われています。習慣的に食べるものがある人は1~2日おきに減らすなど、遅延型アレルギーの発症を避けられる様工夫をしましょう。

 

様々な食材をまんべんなく摂るよう偏った食生活を見直し、腸内環境を意識して体の免疫を整えることが、アレルギーの予防や症状の早期改善に繋がるでしょう。