腸は非常に精密に出来た機関で、独自の神経ネットワークとホルモンの分泌調整機能を持ち、24時間絶え間なく働き続ける事が出来ます。脳からの指令が無くても生体の恒常性を維持するため、「第二の脳」とも呼ばれています。

しかし近年の様々な研究結果から、腸は「第一の脳」なのでは、と考える人もでてきました。というのも、腸内環境が変化すると性格や行動も変化することがわかってきたからです。精神状態を変化させることのできる微生物は「サイコバイオティクス」と呼ばれ、今注目を浴びています。

腸内環境が性格や行動に影響を与えるとは、にわかに信じられない話ですが、これらを利用ができれば認知症やうつ病治療の新たな光明となるのではないかと期待が高まっています。
現在までに研究によって明らかになっていることをまとめました。

腸内細菌と思考との関係

「ストレスを感じるとお腹が痛くなったりゆるくなったりする」という経験のある人もいることでしょう。これは脳が自律神経などを介してストレスの刺激を腸に伝えることで起こる現象です。

一方で、腸の環境が脳(思考)へ作用していることを示す研究報告もあります。代表的な例では「病原菌が腸に感染すると不安感が増す」「善玉菌が優勢な腸内環境になると抑うつの兆候が大きく低下した」「腸内細菌の移植で内向的なマウスの性格が社交的に変化した」といった実験結果があり、これらの事例は腸から脳へ何らかの影響が及んだ結果といえます。

脳の活動領域とも関連が……!?

腸内環境の差は、脳の活動領域の差とも関連している可能性も示されています。アメリカのカリフォルニア大学の研究チームの実験では、40人の女性被験者の腸内細菌を採取し、さまざまな画像を見せながら脳を調べる実験が行われました。その結果、感情の反応と脳の活動領域の差に、腸内細菌との相関性があることが判明したのです。

「プレボテラ属」という分類の腸内細菌が多い被験者はネガティブな画像を見ると不安などを感じやすい傾向がみられました。このグループの被験者の脳は、感情、注意、感覚に関係する脳領域のつながりが強い一方、感情の制御や記憶などを司る海馬が小さく活動が少なかったのです。

それに対して「バクテロイデス属」という分類の腸内細菌が多い被験者は、ネガティブな画像を見ても不安などの感情を抱くことが少ない傾向にありました。こちらのグループの被験者の脳は「プレボテラ属」の多い被験者たちよりも、問題解決や情報処理に関連した領域と前頭葉の活動が多い傾向にあり、海馬も大きく活発にはたらいていることが判明しました。

腸から脳へ情報が伝わる仕組み

それではどのようにして腸内の環境が脳へと作用したのでしょうか? 腸内では、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンや、意欲・快楽の感情に関わるドーパミンなどの様々な神経伝達物質が腸内細菌によって作られていますが、それ自体が血管を通して直接脳へ運ばれるということはありません。

腸内環境が脳に影響を与えていると考えられる現象は複数ありますが、まだ詳しいメカニズムはわかっていません。サイコバイオティクスの研究はまだまだ初期段階で、研究の多くは原因と結果を究明するには仮説的な状態なのです。

しかし、腸から脳への複雑な相関があること自体はわかっています
例えば、心理学の分野では、かなり前から自閉症スペクトラム障害と腸内細菌との関係が指摘されています。悪玉菌の作り出す尿毒素が、不健康な腸が引き起こすリーキー・ガット症候群(腸にごく微細な穴が開く症状)によって血液中に流れ出し、自閉症のような症状を引き起こす事が確認されています。同様の尿毒素を健康なマウスに注射すると不安行動が増える事などが確認されています。

また、一説では腸内細菌が腸神経を刺激することで思考に作用していると考えられています。
消化器官には、脳から腹部まで伸びる脳神経(迷走神経といいます)をはじめ沢山の神経が張り巡らされ腸管神経系を形成しています。腸内細菌が作り出す代謝物や病原菌の毒素が刺激となり、電気信号が起こって脳へ伝達し、思考に作用しているのではないかと考えられています。

腸内環境が思考に与える影響は、腸からの刺激、腸内細菌が分泌する物質、あるいは腸の健康状態など、様々な要因が複雑に絡み合って起きていると思われます。影響の悪い例をいくつか挙げましたが、反対に腸の環境を良いものに変えることで、悪玉菌が及ぼす悪い影響を無くし、イライラや不安感、うつ病や認知症などの予防や治療も行えるのではないかと考えられています。

まとめ

日本には「三つ子の魂百まで」ということわざがありますね。幼い頃に形成された性格は、歳をとっても変わらないということのたとえです。
人は2歳頃までに、腸内に常在する細菌の数と種類のほとんどが決定します。今回のサイコバイオティクスの観点からみると、根本的な性格が歳をとっても変わらないのは、その人の腸内環境が大きく変化しないからかも・・・? 性格が似ているな、と感じる人同士はもしかしたら腸内環境が似ているのかもしれません。

しかし「大きく変化しない」と言っても、腸内細菌は偏食によって偏りがでたり、ストレスや加齢、抗生物質の使用などで数が減ったり勢力の均衡が崩れたりします。また逆に、善玉菌の摂取やバランスのとれた食生活、軽い運動などを継続することで腸内環境は改善することができます

腸内環境を良好に保つだけで、脳と精神の健康も手に入れることができるかもしれません。健康な身体と晴れやかな心のために、あなたも腸活を意識してみませんか?