2018年11月26日、国立成育医療研究センターなどの研究チームが、妊娠中に「予防接種」を受けることで生まれてくる赤ちゃんがアレルギー体質にならないようにする仕組みをマウスの実験で発見し、発表が行われました。

 

アレルギーを持つ人は先進国の方が多いと言われ、日本でも花粉症が社会的な問題となるほどの患者数となっています。そのアレルギーが抑制できるとなればまさに夢の技術。

 

今後更なる研究を続け、数年以内の実用化が目指されているようです。今回は予防接種の仕組みと、鍵となる「IgE抗体」についてご紹介いたします。

 

予防接種の仕組み

簡単に言うと、お母さんが予防接種を受けることで、その薬をへその緒を通じて赤ちゃんに送り、「アレルギーの原因物質に反応する抗体」を作りだす「細胞」を死滅させるというものです。

 

アレルギー体質になるかどうかは、乳児期に免疫グロブリンE(IgE)という抗体をつくりやすい体質になるかどうかで決定します。アレルギーを抱えやすい人はIgE抗体の生成が多いのです。

 

研究チームは、胎児や乳児期の間だけにみられる特殊な免疫細胞の「mIgE陽性B細胞」に着目しました。この細胞の表面にあるIgE抗体にアレルギーの原因物質(アレルゲン)が結びつくと、IgE抗体が沢山作られるようになります。しかし表面にあるIgE抗体に予防接種の薬となる人工の抗体(抗IgE抗体)を結合させると、mIgE陽性B細胞は自殺(アポトーシス)して生涯に渡りIgE抗体が作られなくなるのだそう。

 

実験では、妊娠中の母親マウスに人工の抗体を注射すると、胎児マウスの体内でほとんどIgE抗体が増えないことが確かめられました。母親からへその緒を通じて胎児に送られ、IgE抗体を生成する細胞を死滅させたと考えられます。胎児マウスは大人になってもその効果は続き、アレルギー体質にならず悪影響もなかった事が確認されました。

 

この人工の抗体は既に、アレルギー症状を和らげるために使われている既存のものです。今後はアレルギー体質の妊婦に協力してもらい効果が検証されるようで、安全性を確認し、数年以内に実用化する事が目標となっています。

 

IgE抗体はどんな働きをする抗体?

「IgE抗体が生涯作られなくなって大丈夫なのか?」「身体に必要だから備わっているのでは?」と不安に感じる方もおられることでしょう。IgE抗体は通常、血液中にほんの僅かにしか存在しておらず、寄生虫やダニなどの体内への侵入や定着を防いだり、吸血させにくくしたりするなど寄生虫から身を守るための働きの一端を担っていると考えられています。

 

IgE抗体は体内で寄生虫などの異物と出会うと、他の白血球や免疫細胞(好酸球、好塩基球、マスト細胞など)と協力し、寄生虫を死滅させたり、鼻水や蕁麻疹、下痢などを誘発して強制的に体外に追い出してしまう働きをします。

 

寄生虫の感染率が高かったかつての生活環境であれば重要な役割をしていたIgE抗体や細胞達ですが、衛生的で医療の発達した先進国では寄生虫の驚異はそれほど高くなく、抗体が持つ働きが逆効果となってしまう事があります。IgE抗体は寄生虫の他にも花粉やホコリ、ダニの糞などにも反応して結びつくのですが、異物を排出しようとする鼻水や蕁麻疹といった一連の働きが、結果的にアレルギー症状となるのです。

 

まとめ

乳児期までにのみ見られるIgE抗体の工場、mIgE陽性B細胞。それを死滅させることで、IgE抗体そのものの生産をほとんど失くし、生涯にわたってアレルギーになりにくい体質を手に入れる事ができるという予防接種。寄生虫感染のほとんどない日本や先進国で暮らすのであれば、医療も発達していますからIgE抗体がほとんど作られなくなっても問題はないでしょう。

 

現在日本でよく聞く寄生虫といえばマダニ、ツメダニ、イエダニや、魚に含まれるアニサキスなどです。稀に起こるダニや寄生虫被害よりも、現代では花粉症や食物アレルギー、アナフィラキシーショックの方がよほど身近で大きな問題です。親の立場としては子供をアレルギー体質にさせたくはないですよね。

 

今後更に研究が進み、少し未来ではアレルギーに苦しむ子ども達が減っているかもしれません。